メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

たたき上げ力士って?=回答・村社拓信

大相撲春場所の番付が発表され、記者会見で笑顔を見せる新横綱の稀勢の里=大阪市港区で2017年2月27日、平川義之撮影

15歳で入門 長い下積み経験

 なるほドリ 12日に初日を迎えた大相撲春場所は日本出身力士としては19年ぶりに誕生した新横綱・稀勢(きせ)の里(さと)に注目だね。稀勢の里は「たたき上げ」と言われるけど、どういうこと?

 記者 長い下積みを経験しながら一人前になること。角界では新弟子検査を受検できる15歳(中学卒業後)で入門した力士を主に指します。最近は学生相撲出身や外国出身の力士が多く、稀勢の里は貴乃花(たかのはな)以来、7代ぶりのたたき上げの横綱となりました。

この記事は有料記事です。

残り562文字(全文793文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石破氏、桜を見る会「招待枠あった」 自民の役職在任時 

  2. 中国「独身の日」セール アリババが4兆円を突破

  3. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  4. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  5. 勝間和代さんパートナーシップ解消 LGBT活動家の増原裕子さんと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです