メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

たたき上げ力士って?=回答・村社拓信

大相撲春場所の番付が発表され、記者会見で笑顔を見せる新横綱の稀勢の里=大阪市港区で2017年2月27日、平川義之撮影

15歳で入門 長い下積み経験

 なるほドリ 12日に初日を迎えた大相撲春場所は日本出身力士としては19年ぶりに誕生した新横綱・稀勢(きせ)の里(さと)に注目だね。稀勢の里は「たたき上げ」と言われるけど、どういうこと?

 記者 長い下積みを経験しながら一人前になること。角界では新弟子検査を受検できる15歳(中学卒業後)で入門した力士を主に指します。最近は学生相撲出身や外国出身の力士が多く、稀勢の里は貴乃花(たかのはな)以来、7代ぶりのたたき上げの横綱となりました。

この記事は有料記事です。

残り562文字(全文793文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 人気ブランド店「Supreme」で窃盗 衣類など数百万円被害 大阪

  2. 一時閉鎖した「明るい廃虚」のピエリ守山が超人気スポットに再生した理由

  3. 女の気持ち プライドを捨てて 兵庫県姫路市・朝見房子(主婦・77歳)

  4. 注目裁判・話題の会見 細いながらもつながっていた父と子…ある出来事が引き金に 長男刺殺の元農水次官、16日午後判決

  5. 公園に88歳母、自宅に70歳娘の遺体 無理心中か 福岡・西区

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです