東日本大震災

震災後のデマ「信じた」8割超す 東北学院大、仙台市民調査

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
東日本大震災での外国人犯罪に関する流言を調査した郭教授=高橋昌紀撮影
東日本大震災での外国人犯罪に関する流言を調査した郭教授=高橋昌紀撮影

 東日本大震災から6年。発生後に被災地で流れた「外国人犯罪が横行している」とのデマについて東北学院大の郭基煥教授が仙台市民に調査したところ、8割以上がデマを信じていたとする結果が出た。郭教授は「非常時の特殊な心理は容易に拡散する」と情報を冷静に選択するよう呼びかけている。【高橋昌紀、本橋敦子】

「外国人犯罪」のうわさ

 共生社会論を専攻する郭教授は昨年9~10月、仙台市で震災の被害が大きかった青葉、宮城野、若林の3区に住む日本国籍の20~69歳、計2100人を対象に郵送で調査した。770人から回答を得た(回収率36・7%)。

 「被災地における外国人による犯罪のうわさを聞いた」と答えた人は51・6%だった。そのうち86・2%が「とても信じた」「やや信じた」と答えた。うわさを聞いた犯罪の種類(複数回答)は「略奪、窃盗」97・0%、「遺体損壊」24・4%、「強姦(ごうかん)、暴行」19・1%だった。「誰がしたと信じたか」(複数回答)を尋ねたところ「中国系」(63・0%)、「朝鮮・韓国系」(24・9%)、「東南アジア系」(2…

この記事は有料記事です。

残り1148文字(全文1611文字)

あわせて読みたい

注目の特集