メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ツマアカスズメバチ

女王バチ駆除作戦奏功 対馬で大幅減

長崎県対馬市で駆除が進められているツマアカスズメバチ=環境省提供

 特定外来生物のツマアカスズメバチが長崎県対馬市に侵入し、生息域を広げている問題で、環境省は同市内の巣の数が今年度は49個となり、前年度の259個から大幅に減ったことを確認した。同省は、昨春初めて実施した「女王バチ駆除作戦」に効果があったとして、今春も住民らに協力を呼びかける。

 ツマアカスズメバチは2012年に国内で初めて対馬市で確認された。中国やインドなどが原産で体長2~3センチ、繁殖力や攻撃性が強くミツバチを捕食する。韓国や欧州では在来種の激減との関連が指摘されており、養蜂業への打撃が懸念されている。対馬には韓国との定期航路があり、船で入った可能性が高いとみられている。

 国は14年度に特定外来生物に指定し、駆除の強化などを図るが、同市内の巣の確認数は、13年度56個▽…

この記事は有料記事です。

残り452文字(全文792文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 生理で体育見学の女子生徒に口頭で理由報告させる 滋賀の県立高
  2. 「巡査、強靱な体力で順調に回復」と府警本部長 拳銃強奪
  3. 漫画で解説 逃げても罪にならない!?の巻
  4. 逃走 実刑の男、刃物持ち 地検収容時、車で 110番2時間後 神奈川
  5. 中国道でタンクローリーの窓たたき割り強奪し乗り捨て 暴行容疑で逮捕の男関与か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです