メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

デートDV

経験10代女性の44% NPO広域調査

=iStock

 恋人からの監視や干渉、暴力といった「デートDV(ドメスティックバイオレンス)」を、交際経験のある10代女性の44%が経験していることが支援団体らの広域調査でわかった。東日本や九州など1都10県の中高大学生の男女約2800人が対象で10代の全国的な被害実態調査は初めて。裸や性行為の写真を要求されるなど深刻な被害も約1割ある。DV防止法は同居していない恋人間の暴力は対象外で今後、対策が急がれそうだ。

 NPO法人エンパワメントかながわ、ガールスカウト日本連盟らが昨年10~12月、東京、岩手、埼玉、千…

この記事は有料記事です。

残り719文字(全文969文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  2. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  3. 余録 アニメーションの工程に「原画」「動画」「仕上げ」「背景画」などがあるのを…
  4. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  5. 公取委ジャニーズ注意 テレビ局と芸能事務所の不均衡な関係にくさび

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです