メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

空から流氷見てみよう

八戸発オホーツク行観測記 紋別 眼下に広がる白い世界 /青森

海上にかかった薄い氷=北海道紋別市沖で

 「流氷が見えてきましたよ」。海上自衛隊第2航空群(八戸市)のP3C哨戒機に体験搭乗中、隊員に声をかけられて窓から下を見ると、海上には白い氷が薄くかかっていた。「北に行くほど氷が厚くなっていきます」。さらに北上すると、まもなく視界いっぱいに広がる大小さまざまな流氷が姿を現した。

 北海道紋別市沖では高度を150メートル…

この記事は有料記事です。

残り96文字(全文255文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  3. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  4. 眞子さま28歳に 代替わりで公務増加

  5. 滋賀・湖東病院事件、検察側が有罪立証断念 無罪確実に 新証拠は困難

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです