メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

千葉・銭湯ものがたり

わたしの居場所/番外編 県立磯辺高・地理教諭 後藤泰彦さん(36) /千葉

銭湯を愛する地理教諭の後藤泰彦さん。銭湯は「疲れていても、明日も頑張ろうと全てをリセットできる場所」と話す=千葉市花見川区の「鈴の湯」で

地域に自然に残って 県内全軒巡り現状を研究

 10月10日は「銭湯の日」だ。数字を並べると「せんとう」と読めることから1991年に東京都江東区の「江東浴場組合」が制定した。2015年のこの日、県立磯辺高校(千葉市美浜区)の地理教諭、後藤泰彦さん(36)は当時県内で営業していた銭湯59軒全てで入浴を達成した。仕事後や休日を使って約8カ月かけて巡り、「レトロだったり近代的だったり、どこも個性たっぷり」と振り返る。

 元々は温泉好き。銭湯は、昨年度まで勤務していた県立千葉高校(同市中央区)で顧問をしていたバレーボー…

この記事は有料記事です。

残り902文字(全文1157文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 死者54人不明17人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

  3. 長野・佐久でボランティア受け付け開始 若者ら232人が片付けに汗

  4. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  5. 満身創痍ギリヤーク尼ヶ崎さん 西新宿で青空舞踏 命の尊さ祈り捧げる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです