メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

写真展

東大大学院・早野教授、6年間の自分史と福島 西麻布 /東京

写真展を開いた早野龍五・東大大学院教授=港区で

 反物質の研究で世界的に知られる東京大学大学院教授の早野龍五さん(65)が今月末まで、港区西麻布3、飲食店「アウグスビアクラブ」で「之圖(のず)。」と題したユニークな写真展を開いている。

 早野さんはスイスの欧州合同原子核研究所(CERN)を拠点に日本とスイスを往復する研究生活を送っていた。2011年3月の東京電力福島第1原発事故後は、福島の放射線被ばくの調査研究にも従事。福島の出来事をツイッターで発信し続けている…

この記事は有料記事です。

残り312文字(全文520文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  2. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  3. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  4. 京アニ火災 男は関東地方在住の41歳か 免許証で判明
  5. 京アニ火災 新海監督「あまりにも酷すぎる事件です」 米国では寄付募集の動きも

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです