メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

沼津港食べ歩きクーポン

団体客ターゲット 目指せ売上高倍増 /静岡

食べ歩きクーポンを手にする情報発信委員長の横屋のり子さん=沼津市蛇松町の沼津魚仲買商協同組合で

 ぬまづみなと商店街協同組合(後藤義男理事長)が、沼津港の飲食店34店と土産物店24店で使える「食べ歩きクーポン」を広く販売する。食事自由の団体ツアーに対応できるとして、旅行会社などに売り込む予定だ。

 クーポンは1500円(500円券3枚つづり)と1000円の2種。2009年から市内のイベントなどでの活用を目的に組合が発行していた。しかし、個々の店には誘客になるものの、印刷費がかかるため組合には利点がなく積極的な宣伝はしていなかった。昨年の利用は533万円分だった…

この記事は有料記事です。

残り353文字(全文587文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. なぜ首相は「立憲民主党」を「民主党」と何度も同じ箇所で間違えるのか
  2. 参院選2019・激戦えひめ 最後の日曜、訴え熱く /愛媛
  3. 参院選 後半情勢・毎日新聞総合調査 改憲、3分の2厳しく 1人区で自民防戦
  4. トランプ大統領、非白人議員に「国に帰ってはどうか」 投稿に批判噴出
  5. 「結局は日本経済により大きな被害」 韓国大統領警告 輸出規制問題で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです