メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自閉症

患者の聴覚過敏 三重大が原因一部解明 /三重

自閉症における聴覚過敏の原因を突き止めた研究成果を発表する三重大の江藤みちる助教(左)と成田正明教授=津市の三重大で

 三重大が、自閉症患者にみられる聴覚過敏の原因の一部を解明した。原因は聴覚神経の興奮異常とわかり、「音がどこから聞こえるか」と問診することで、自閉症かどうかの診断精度を高めることが期待されるという。

 自閉症は先天性の発達障害で、コミュニケーションや社会性で障害がある。聴覚過敏の症状も一部患者で確認されるが、原因は不明だった。

 三重大大学院医学系研究科の江藤みちる助教(41)らは、自閉症のラットを使って、聴覚に関わる器官や神経系を研究した。その結果、「上オリーブ複合体」と呼ばれる神経内で、信号を抑制する役割の神経細胞に障害があり、信号が過度に伝達される異常を突き止めた。

この記事は有料記事です。

残り180文字(全文467文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. ORICON NEWS 岡村隆史、10年来の友人と結婚 決め手は「ここ半年くらい本当に支えてもらった」

  4. 石破氏動かした幹部の一言 2日徹夜して決断「これが俺の生き様」

  5. 三浦半島や横浜で相次ぐ異臭騒ぎ、発生源は? 深まる謎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです