メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

現場発

貧困などの進学難救済 企業有志が支援団体 都城、三股 /宮崎

1月の「ふるさと育成協議会」発会式後に取り組みを協議する関係者

働く場提供、定時制高へ道 市も取り組みに期待

 都城市、三股町の企業経営者らが、経済的に恵まれない中学卒業生らの高校進学を支援する「ふるさと育成協議会」を発足させた。昼間は各社で働き、夜は定時制高校で学べる仕組み。全国でも先進的なモデルに市教委も理解を示し、すでに市内の各市立中学校で活動内容が紹介されている。【重春次男】

 協議会は「貧困や家庭環境により進学できない子供たちを支援し、地元で働く人材も育成しよう」と1月28…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  2. ORICON NEWS 幼稚園児の娘の絵を完全再現…“究極のキャラ弁”披露する芸人父「弁当作りで成長見える」
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  5. 神戸バス暴走 「一緒に仕事していた仲間」「お姉ちゃん先生」 犠牲の若者2人を悼む声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです