メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
晴れ時々OFF

新装続く恐竜博物館

大きな恐竜たちに囲まれると自分がちっぽけな存在に感じる=東京都台東区の国立科学博物館で

 <くらしナビ ライフスタイル>

 近年、発見が相次ぐ恐竜研究。その進歩に伴い全国の博物館でもリニューアルが続いている。子供も大人も楽しめるお勧めの博物館を紹介する。

 国内随一の規模を誇るのは福井県立恐竜博物館(勝山市)。ドーム型展示室にはアジアを中心に世界中から集められた全身骨格44体がある。

 美しい化石標本が飾られた通路を抜けると太古の世界へタイムスリップ。エビ反りになって死んだ姿で発見された貴重なカマラサウルスの全身骨格が現れる。階段を上ると全長7メートルのティラノサウルスロボットがお出迎え。巨体を振り回し、凶暴な目つきで雄たけびを上げる姿に泣き出す子も多い。

この記事は有料記事です。

残り1053文字(全文1338文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 500ミリ飲料のストロー穴復活! ストローは付きませんが…グリコ「マイルドカフェオーレ」など

  2. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

  3. 大阪メトロ、車掌が乗務中にディズニーツムツム「駄目なのは分かりつつ…」

  4. サンデー毎日発 全国240大学・実就職率ランキング 学生の将来にも責任を持つ就職支援力が高い大学は?

  5. 図解で納得 停電した時の対処法

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです