メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衣・FASHION

多彩なサービス続々 服の悩みをネットが解決

 ファッションセンスに自信がない、ゆっくり買い物する時間が取れない、服装がマンネリ化している--そんな悩みを解決するネットサービスがここ数年で増えている。どんなふうに利用されているか、調べてみた。

 「大学時代は理工系学部に通い、おしゃれと無縁だった。今は内勤で服装が自由な分、何を着ていいかわからなくて……」。そう話すのは、東京都内のIT企業に勤める男性(24)。この春で社会人2年目となるが、高校生に間違えられることも。「カジュアルでも大人っぽく、きちんと見られる格好がしたい」と、第三者が買い物に同行してくれるサービスに申し込んだ。

 利用したのは「ファッションアテンダント」というサイト。アパレル企業の販売員やスタイリストといった、おしゃれに自信がある男女約200人が登録し、仕事や学業の空き時間に服選びを手伝う。利用者は、サイトに掲載されたプロフィルや写真を参照して、誰に頼むか決める。

この記事は有料記事です。

残り1410文字(全文1806文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ガス吸う遊び中にボンベ爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  2. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  3. 網戸のひもで6歳死亡 両親、アルミ建材大手を提訴 「欠陥で首に絡まり」

  4. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  5. 大阪のコロナ感染、新たに142人 クラスター相次ぎ増加か 8月中旬並みの多さ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです