メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

森友学園

終わらぬ疑惑

 森友学園を巡り、籠池泰典理事長は従来の姿勢を一転させ、小学校「瑞穂の国記念小学院」の設置認可申請取り下げと理事長辞任を表明した。だが数々の疑惑は残ったまま。国会では13日も追及が続いた。学園を巡る四つの疑惑についてまとめた。

 ◆認可と国有地

 最大の疑惑は、大阪府私学審議会が小学校を「認可適当」とした件、財務省近畿財務局が大阪府豊中市の国有地を森友学園に売却した件で政治家の口利きがあったかどうかだ。2件の疑惑は密接に関連している。

 「ニワトリとタマゴの話。何とかしてや」。小学校開校を目指す籠池氏は2013年8月、鴻池祥肇・元防災…

この記事は有料記事です。

残り855文字(全文1122文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニ「社員の師匠」木上さん、なお不明 「キャラに生命」「あの優しい人が…」
  2. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  3. 「冗談だった」「圧力のつもりない」…吉本社長会見、古い体質露呈
  4. 吉本興業、宮迫さんらの処分撤回 岡本社長、会見で謝罪
  5. 「著名人」当選は3人 最多得票れいわ・山本太郎氏、96万票獲得も落選

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです