残業

「月100時間未満」労使決着…繁忙期、初の上限

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
残業時間はこう変わる
残業時間はこう変わる

 政府が検討する残業時間の上限規制について、安倍晋三首相は13日、繁忙期でも月100時間未満とすることを受け入れるよう経団連の榊原定征会長と連合の神津里季生会長に要請した。労使ともこれに応じる姿勢をみせ、働き方改革の焦点だった残業上限の問題は決着する見通し。労働基準法に年720時間という上限が初めて導入される方向となった。

 この日、榊原会長と神津会長が安倍首相に報告した労使合意は「100時間を基準とする」という表現だった。「100時間未満」の連合と「100時間以下」の経団連の主張が平行線をたどったためだが、安倍首相は「未満」を要請。榊原会長は他の経済団体との調整を理由に明言は避けたものの、「首相の意向を重く受け止める」と発言。17日の「働き方改革実現会議」までに容認することを事実上、表明した。

この記事は有料記事です。

残り291文字(全文642文字)

あわせて読みたい

ニュース特集