メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

「ウルトラセブン」放映開始50年 脚本に沖縄の現実投影

力強いまなざしで沖縄ヒーローについて語る上原正三さん=竹内紀臣撮影

 主題歌冒頭の和音を聞くと、思わず「セブン、セブン、セブン!」と連呼したくなる中高年も多いだろう。「ウルトラセブン」の放映開始から今年で半世紀。日本特撮史に残るこのテレビ番組には、当時まだ米軍統治下にあった沖縄の複雑な状況がにじんでいたことをご存じだろうか。沖縄出身で、「セブン」のメイン脚本家の一人だった上原正三さん(80)に、当時と今の沖縄を語ってもらった。【井田純】

この記事は有料記事です。

残り2499文字(全文2685文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 日大の内田前監督、改めて「指示ではない」
  2. マネックス 松本社長「コインチェック6月中に全面再開」
  3. アメフット 日大選手の会見 三つのポイント
  4. 森友交渉記録 「1年間、国民だました」政府対応を非難
  5. 食中毒か 観劇中の中学生ら16人搬送 福岡の商業施設

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]