メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

「ウルトラセブン」放映開始50年 脚本に沖縄の現実投影

力強いまなざしで沖縄ヒーローについて語る上原正三さん=竹内紀臣撮影

 主題歌冒頭の和音を聞くと、思わず「セブン、セブン、セブン!」と連呼したくなる中高年も多いだろう。「ウルトラセブン」の放映開始から今年で半世紀。日本特撮史に残るこのテレビ番組には、当時まだ米軍統治下にあった沖縄の複雑な状況がにじんでいたことをご存じだろうか。沖縄出身で、「セブン」のメイン脚本家の一人だった上原正三さん(80)に、当時と今の沖縄を語ってもらった。【井田純】

この記事は有料記事です。

残り2499文字(全文2685文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. JR茨木駅で男性転落、右足一部切断の重傷 約3万人に影響

  2. 白いマダコを展示 水族館スタッフ「擬態できず、苦労したと思う」 下関・海響館

  3. 「妻子3人の死亡は出勤前」法医学者証言 元巡査部長は「出勤時寝ていた」 福岡地裁公判

  4. 新千歳発の全日空機、引き返す 客室に「白い粉」拡散

  5. 母子3人殺害 元福岡県警巡査部長「子供を殺す証拠も動機もない」無罪主張 福岡地裁初公判

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです