メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

「ウルトラセブン」放映開始50年 脚本に沖縄の現実投影

力強いまなざしで沖縄ヒーローについて語る上原正三さん=竹内紀臣撮影

 主題歌冒頭の和音を聞くと、思わず「セブン、セブン、セブン!」と連呼したくなる中高年も多いだろう。「ウルトラセブン」の放映開始から今年で半世紀。日本特撮史に残るこのテレビ番組には、当時まだ米軍統治下にあった沖縄の複雑な状況がにじんでいたことをご存じだろうか。沖縄出身で、「セブン」のメイン脚本家の一人だった上原正三さん(80)に、当時と今の沖縄を語ってもらった。【井田純】

この記事は有料記事です。

残り2499文字(全文2685文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訃報 仙谷由人さん72歳=元衆院議員、元官房長官
  2. そこが聞きたい 「政治劣化」どう克服? 元官房長官・仙谷由人氏
  3. 人生相談 「親切」と「洗脳」の違いって何=回答者・光浦靖子
  4. 交通事故入れ替わり 男女を逮捕 無免許、犯人隠避容疑で
  5. 森元首相 「余計なことしやがって」 石破氏依頼に苦言

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです