メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
ここで創る3.11

東日本大震災6年/5止 本田一弘さん(会津若松の歌人)

本田一弘さん

福島の悲痛な現実、歌い

 磐梯山を車窓に望むあたりから線路脇の雪がにわかに深くなった。山々に抱かれた福島県会津若松市とその周辺には、福島第1原発のある大熊町をはじめ、同県沿岸部から避難した人々が今も身を寄せている。

 福島市生まれの歌人、本田一弘さん(48)は筑波大を卒業後、高校の国語科教師として会津地方に赴任。四半世紀の間、福島や会津の自然、風土と人とのかかわりを深みのある古語に託して歌い続けてきた。

 会津の3月はまだ雪の中にある。6年前、福島市内で母の四十九日法要を済ませ、母の兄を見舞った病院で激…

この記事は有料記事です。

残り1252文字(全文1503文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

  2. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  3. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  4. ASKAさん 封印していた「チャゲアス、19年前のソウルコンサート」 今DVD化する理由を語る

  5. 松尾貴史のちょっと違和感 参院選後に官邸でデキ婚発表 某方面の都合に乗っかるテレビ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです