メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ここで創る3.11

東日本大震災6年/5止 本田一弘さん(会津若松の歌人)

本田一弘さん

 磐梯山を車窓に望むあたりから線路脇の雪がにわかに深くなった。山々に抱かれた福島県会津若松市とその周辺には、福島第1原発のある大熊町をはじめ、同県沿岸部から避難した人々が今も身を寄せている。

 福島市生まれの歌人、本田一弘さん(48)は筑波大を卒業後、高校の国語科教師として会津地方に赴任。四半世紀の間、福島や会津の自然、風土と人とのかかわりを深みのある古語に託して歌い続けてきた。

 会津の3月はまだ雪の中にある。6年前、福島市内で母の四十九日法要を済ませ、母の兄を見舞った病院で激震に襲われた。心身ともに衰弱した伯父は、間もなく息を引き取った。

この記事は有料記事です。

残り1231文字(全文1503文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 見えたー! ペルセウス座流星群がピーク迎える 天の川と「競演」

  2. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  3. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

  4. 国は我々の死を待っているのか 「黒い雨」訴訟原告 怒りと落胆

  5. ORICON NEWS セクゾ松島聡、1年9ヶ月ぶり活動再開を発表 18年11月よりパニック障害の療養で休止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです