市立札幌病院

救命救急医7人退職 現体制維持方針、北大から派遣も /北海道

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 市立札幌病院(札幌市中央区)は14日、救命救急センターの医師12人のうち7人が今月末に退職すると発表した。代替医師の確保はメドが立っていないものの、4月からはほかの科の医師が同センターの診療に加わるほか、北海道大の医師派遣を得て、現行の診療体制を維持する方針。

 同病院は、市内に五つある3次救急医療機関の一つで、救命救急センターは今年度、計12人が勤務。午前8時45分~午後5時15分(休憩45分含む)と午後4時半~翌日午前9時半(同1時間半)の2交…

この記事は有料記事です。

残り340文字(全文566文字)

あわせて読みたい

注目の特集