メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外強制不妊救済法が成立
木のおうち

誰もが集える居場所に 障害児支援・訪問看護・接骨院・カフェ 兼氏浩子さん、来月3日オープン 津幡 /石川

建設中の「木のおうち」と兼氏浩子さん=石川県津幡町中橋で、金志尚撮影

 脊髄(せきずい)の病気で車椅子生活を送る津幡町の元看護師、兼氏(かねうじ)浩子さん(48)が4月、障害児支援や接骨院、カフェなど多様なサービスを手がける事業所「木のおうち」を同町内に開設する。1本の木の下で多くの人たちが家族のようにつながるイメージを込め、障害の有無に関わらず誰もが集える「居場所」を目指す。【金志尚】

 兼氏さんは看護師だった33歳の時に脊髄の病気を発症し、下半身にまひが残った。子育て真っ盛りの中での…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 孫正義氏、ビットコインで145億円損失か
  2. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  3. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  4. ごみ部屋 女性を救出…体埋もれ、両足壊死
  5. みんなのごみ 廃品回収 紛れる違法業者

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです