メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災6年

原発事故、福島の今語る 自治体問題研・池田さん 京丹後 /京都

 「原発事故から逃げられる? ズサンな避難の計画・訓練 福島原発事故から6年、福島の今は」をテーマに、京都自治体問題研究所原子力災害研究会の池田豊代表がこのほど、京丹後市で講演した。福島原発事故があった自治体の担当者らの取材を重ねた結果として「原発事故があったことを早く忘れること、事故がなかったことにすることが国の政策の主眼だ」と主張した。

 講演は「原発ゼロネット丹後」が主催。池田さんは「現在、人口がゼロの自治体が六つある」と切り出した。東京電力福島第1原発がある福島県大熊町などで、原子炉の中は今でもとてつもない強い放射線で内部はよく分からないのが「事故後6年経過した実態」と指摘。東京五輪誘致の場で、「アンダーコントロール(抑制できている)」と表現した安倍晋三首相を厳しく批判した。

この記事は有料記事です。

残り476文字(全文821文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女湯侵入容疑で広島県職員を逮捕 化粧し女性用かつら着用

  2. 自民岸田氏「更なる経済対策が必要」 3次補正審議中、異例の言及

  3. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  4. 「重症者、死者がさらに増える」 研究者が警告する「危うい状況」と必要なリセット

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです