メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イルカ

繁殖に初挑戦 2頭体制ショー限界 新年度予算案、経費を計上 佐世保「海きらら」 /長崎

 佐世保市の九十九島水族館「海きらら」が新年度、イルカの繁殖に初めて取り組む。2015年9月に人気者の雌「リリー」が死んで以来、残る2頭の雌「ニーハ」「ナミ」で集客の柱のショーを続けてきたが、市観光課は「体長不良の日もあり、3頭いないと安定して継続できない」と判断。施設を所有する市は、17年度一般会計当初予算案に、2頭を繁殖先に運ぶ経費など約1000万円を計上した。【峰下喜之】

 14日の市議会企業経済委員会で、市が明らかにした。繁殖は「自然」「人工」の二段構えで計画。まず5月…

この記事は有料記事です。

残り348文字(全文588文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 神戸教諭いじめ 別の20代女性教員も「暴行受けけが」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです