連載

クローズアップ2017

毎日新聞デジタルの「クローズアップ2017」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

クローズアップ2017

稲田氏「資質」また疑問 「靖国参拝」「陸自日報」「教育勅語」に続き 記憶のみ「森友」答弁撤回

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
大勢の報道陣に囲まれて階段を下りる稲田朋美防衛相(中央)=国会内で14日午前11時54分、川田雅浩撮影
大勢の報道陣に囲まれて階段を下りる稲田朋美防衛相(中央)=国会内で14日午前11時54分、川田雅浩撮影

 大阪市の学校法人「森友学園」を巡る問題が、稲田朋美防衛相の「資質」問題に波及した。稲田氏は14日、学園の民事訴訟に弁護士として関わったことを認め、関与を否定したこれまでの国会答弁を撤回。記憶のみを根拠に断言した稲田氏の対応に、野党は「答弁の揺らぎ一事でも防衛相としての資質はない」(民進党の大串博志政調会長)と批判を強めている。

 野党は稲田氏の答弁撤回を、国会の根幹に関わる問題と位置付ける。14日午前の参院予算委員会の理事会で、民進党の福山哲郎・野党筆頭理事は「虚偽答弁で参院の権威が汚されている」と指摘。森友問題とは別個に稲田氏の資質を問題視する姿勢を示した。

この記事は有料記事です。

残り2477文字(全文2760文字)

あわせて読みたい

注目の特集