森友学園

大阪府が刑事告発検討 契約書偽造容疑

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 大阪市の学校法人「森友学園」が開設を目指した小学校の設置認可申請で、学園が虚偽の資料を大阪府私立学校審議会(私学審)に提出した疑いがあるとして、府が私文書偽造容疑などで刑事告発を検討していることが分かった。向井正博府教育長が14日、毎日新聞などの取材に明らかにした。

 申請を巡っては、学園側は小学校の工事費を「7億5600万円」とする契約書を私学審の…

この記事は有料記事です。

残り265文字(全文441文字)

あわせて読みたい

注目の特集