伊賀鉄道

4月から公有民営に 三重

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
4月から公有民営方式に移行する伊賀線=伊賀市で2016年6月30日、大西康裕撮影
4月から公有民営方式に移行する伊賀線=伊賀市で2016年6月30日、大西康裕撮影

 三重県伊賀市の伊賀鉄道伊賀線(16.6キロ)が4月1日から公有民営方式に移行する。石井啓一国土交通相が15日付で、市と伊賀鉄道が提出した移行に必要な鉄道事業再構築実施計画を認定し、正式決定する。計画では鉄道事業者になる市は10年間で鉄道施設の維持、更新と赤字の穴埋めに約20億円を支出する。

 市によると、線路や駅舎は近鉄から無償譲渡され、車両は伊賀鉄道が簿価で近鉄に売った上で近鉄から無償譲渡。土地は無…

この記事は有料記事です。

残り305文字(全文507文字)

あわせて読みたい

ニュース特集