メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コウノトリ

生育地が違う3羽、滋賀に飛来

滋賀県東近江市に飛来した(左から)千葉県野田市、兵庫県豊岡市、福井県越前市で放鳥された3羽のコウノトリ=2017年3月14日、金子裕次郎撮影

 滋賀県東近江市西部の愛知(えち)川沿いに、生育地が異なる特別天然記念物のコウノトリ3羽が飛来している。千葉県野田市▽兵庫県豊岡市▽福井県越前市からの雌で、兵庫県立コウノトリの郷公園(豊岡市)によると、2005年の初放鳥以来、生育地が異なる3羽が同時にいるのを確認したのは全国で初めて。

 同園によると、国内のコウノトリは生育地…

この記事は有料記事です。

残り187文字(全文350文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  3. 堀江「相手が強くてかなわなかった」 ラグビーW杯 日本4強ならず

  4. 水浸し、満員、夜の冷え込み…気詰まり避難所 想定外? 準備不足?

  5. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです