大震災6年

古里でコーヒーを…作業所、帰還めど立たず

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
サイホンを使ってコーヒーを1杯ずつ丁寧にいれる志賀さん(左)=福島県二本松市の「コーヒータイム」で2017年2月15日、石井尚撮影
サイホンを使ってコーヒーを1杯ずつ丁寧にいれる志賀さん(左)=福島県二本松市の「コーヒータイム」で2017年2月15日、石井尚撮影

 「おいしいコーヒーを出すのが生きがいなのに」。東京電力福島第1原発事故で福島県浪江町から県内避難している精神障害者の志賀千鶴さん(59)が、今月31日で町の避難指示が一部解除されるのを前に不安を募らせている。古里に来春完成する災害公営住宅(復興住宅)への入居が決まったものの、事故前から働いていた喫茶店は、町民の帰還見込みが数%にとどまることもあり戻れない状況にあるからだ。

 浪江町からの避難者が多い同県二本松市の中心地にある喫茶店「コーヒータイム」。元々は2006年、NPO法人が精神障害者の自立支援を目的に開設した浪江町唯一の小規模作業所だ。志賀さんは統合失調症を患い引きこもりがちだったが、開設直後から作業所に通い、やがて店での接客も担当するようになって、社会との接点を増やしていった。

この記事は有料記事です。

残り507文字(全文854文字)

あわせて読みたい

注目の特集