稲田防衛相

「虚偽答弁」は認めず 首相は辞任要求拒否

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
衆院本会議で学校法人「森友学園」の代理人弁護士として裁判所に出廷していたとの指摘に対し、これまでの答弁を撤回して頭を下げる稲田朋美防衛相(手前)。奥は安倍晋三首相=国会内で2017年3月14日午後1時56分、川田雅浩撮影
衆院本会議で学校法人「森友学園」の代理人弁護士として裁判所に出廷していたとの指摘に対し、これまでの答弁を撤回して頭を下げる稲田朋美防衛相(手前)。奥は安倍晋三首相=国会内で2017年3月14日午後1時56分、川田雅浩撮影

「森友学園」民事訴訟に弁護士出廷認めて答弁を撤回と陳謝

 稲田朋美防衛相は14日の衆院本会議と参院予算委員会で、大阪市の学校法人「森友学園」が起こした民事訴訟の口頭弁論に原告側代理人弁護士として出廷していたことを認めた。13日の参院予算委では関与を否定しており、答弁を撤回し、陳謝した。野党は「虚偽答弁だ」と批判して辞任を要求したが、安倍晋三首相は拒否した。

 稲田氏は14日の衆院本会議で13日の答弁に関し「私の記憶に基づいて答弁した。2004年12月9日、(弁護士の)夫の代わりに出廷したことを確認できたので訂正し、おわびする」と陳謝した。稲田氏はその後の参院予算委で、学園の理事長退任を表明した籠池泰典氏について「法律相談された記憶が全くない」として、虚偽答弁との指摘を否定した。

この記事は有料記事です。

残り520文字(全文861文字)

あわせて読みたい

注目の特集