メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

空から流氷見てみよう

八戸発オホーツク行観測記 知床 視界に飛び込む北方領土 /青森

知床半島が眼前に迫ってきた=北海道知床半島沖で

 世界遺産の知床が見えてきた。八戸を離陸する前、「知床半島付近では強い風が吹く」という説明を受けたが、確かにその通り。私たちを乗せた海上自衛隊第2航空群(八戸市)のP3C哨戒機の機体は大きく揺れ、立って歩くのが難しい。着席し、窓から外をのぞく。接岸する海氷が目に飛び込んできた。

 「国後島が見えるかも」。隊員の言葉通り…

この記事は有料記事です。

残り130文字(全文289文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  4. 大会期間中に天然芝全面張り替え 福岡のスタジアム 激しいプレーで想定以上に傷み

  5. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです