メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

震災6年・17年とうほく

鍬ケ崎小に震災伝承室 記憶ない児童に「事実学んで」 空き教室活用、写真など展示 宮古 /岩手

空き教室を活用して開設された震災伝承室の展示資料に見入る児童ら=宮古市立鍬ケ崎小学校で

 東日本大震災の被災地にある宮古市の市立鍬ケ崎(くわがさき)小学校(児童数180人)は、空き教室を活用して過去の津波被害を伝えるための震災伝承室「てんでんこ」を開設した。当時の写真や新聞資料などを展示し、震災の記憶がなかったり薄らいだりする児童らの防災教育に役立てる。【鬼山親芳】

 2階の1教室に、宮古湾に押し寄せる津波や流される民家、積み重なったがれきなどの写真、震災を生々しく伝える新聞記事、校庭の隅に流れ着いた漁業用のロープなどが並ぶ。避難所となった同校で、住民に配られたおにぎりやゆで卵などの食事内容なども紹介されている。

 6年前のあの日の資料だけではない。目をひくのは、1896(明治29)年の明治地震津波の日に体育館で…

この記事は有料記事です。

残り521文字(全文836文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 眞子さま28歳に 代替わりで公務増加

  3. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  4. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  5. 「サイレイヤ、サイリョウ!」2年ぶり鞍馬の火祭 夜空焦がす炎 京都

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです