メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

決意の春・自主避難者のこれから

東日本大震災 支援拠点「fucco」 母子集い悩み相談 /山形

2年後には閉所の意向

 「この茶わん蒸し、おいしいね」「もう恵方巻き2本も食べたの?」。2月初旬、福島から避難した親子連れ約20人が、山形市東山形の「福島こころの公民館fucco(ふっこ)」に集い、食事をしながら節分を祝った。

 ふっこは、被災者を支援する活動を展開しているNPO法人「やまがた絆の架け橋ネットワーク」が2016年7月に開いた。平日午前9時半~午後4時半にスタッフ2人が常駐し、要望があれば時間外も相談に応じるなど、柔軟に対応する。別の支援団体と連携して月1回、夕食会を開き、季節のイベントも催す。夏には庭に設けたビニールプールで小さな子供たちが大はしゃぎした。これまで延べ600人が利用し、大半は母子避難者だ。

 早坂信一代表理事(47)は「避難者がいつでも集まり、気軽に悩みを吐き出せる場所は今こそ必要だ」と語…

この記事は有料記事です。

残り930文字(全文1292文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

  2. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  3. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  4. 汚染処理水発言撤回せよ 松井大阪市長に府漁連が抗議文

  5. 国民「自公政権入り」? 玉木氏とN国・立花氏の共演動画が波紋

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです