西武鉄道

新型通勤車両の「S-TRAIN」 車いす、ベビーカーの乗客も快適 25日から運行 /東京

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
25日から運行される「S-TRAIN」(左)
25日から運行される「S-TRAIN」(左)

 西武鉄道(本社・埼玉県所沢市)は25日から、全席指定の新型通勤車両「S-TRAIN」(40000系、10両編成)の運行を始める。

 新型車両は、埼玉県西部から都内を経て横浜市まで運行する。これまでの通勤車両になかった「パートナーゾーン」(車いすやベビーカーを利用する乗客が快適に乗車できるスペース)や、ボック…

この記事は有料記事です。

残り231文字(全文385文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集