メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宝塚ワールド

タカラヅカ 星組「スカーレット・ピンパーネル」 7年ぶりの冒険活劇 /兵庫

結婚式を挙げたパーシー(右、紅ゆずる)とマルグリット(綺咲愛里)は、永遠の愛を誓う。星組新トップコンビの大劇場お披露目公演となる=宝塚大劇場で

 宝塚歌劇団星組が宝塚大劇場で、ミュージカル「スカーレット・ピンパーネル」(潤色・演出、小池修一郎)を上演している。18世紀末の恐怖政治が支配するパリを舞台に、本当の自由と正義を手に入れるために立ち上がったイギリス貴族が、勇気を武器に命がけで闘う姿をドラマチックに描く。紅ゆずると綺咲愛里の星組新トップコンビが、秘密を抱えて苦悩し、愛に迷う2人を演じる。4月17日まで。【文・小寺裕子、大笹久光、写真・山田哲也】

 宝塚歌劇では2008年に星組が初演、10年に月組が再演して好評を博した、ファン待望の冒険活劇だ。舞台は1794年。パリの街では、それまで虐げられてきた民衆が怒りを爆発させ、全ての貴族を断頭台へ送れと騒いでいた。そんな中、革命政府の厳しい監視の目をくぐり抜け、貴族たちを国外へと逃亡させる謎の人物がいた。「スカーレット・ピンパーネル」と名乗るその人物の正体は、イギリス貴族のパーシヴァル・ブレイクニー…

この記事は有料記事です。

残り594文字(全文1000文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「財研」記者日記 (1)財務省の花形ポスト「主計官」 喜怒哀楽に富む意外な素顔

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  3. タイ首相、改憲手続き表明 臨時国会で デモの早期沈静化図る

  4. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  5. 与党はまた“首相隠し”に走るのか くすぶる支持率低下の不安 臨時国会の行方

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです