メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

春闘

集中回答日 賃上げ余力乏しく 働き方改革では成果

 2017年春闘は、賃金水準を底上げするベースアップ(ベア)の流れは途切れなかったものの、引き上げ幅は前年割れの回答が相次いだ。世界経済の先行き不透明感や過去3年のベアによる人件費増を背景に、経営側に賃上げの余地が乏しくなっているためだ。前年割れは2年連続。安倍晋三首相が旗振り役となって企業に賃上げを求める「官製春闘」は、4年目にして勢いを失いつつある。

 「昨年獲得実績を下回るのは、率直に申し上げて残念だ」。主要企業の集中回答日を迎えた15日、自動車、電機などの労働組合で構成する金属労協の相原康伸議長(自動車総連会長)は、表情を曇らせた。

この記事は有料記事です。

残り1085文字(全文1357文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. KDDIも携帯割安プラン導入 20ギガ4000円弱で調整 月内に公表

  2. ガス吸う遊び中にボンベ爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  3. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  4. 網戸のひもで6歳死亡 両親、アルミ建材大手を提訴 「欠陥で首に絡まり」

  5. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです