森友学園

松井大阪知事、不適切な関係あれば「辞めます」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
松井一郎府知事=幾島健太郎撮影
松井一郎府知事=幾島健太郎撮影

小学校認可申請に指示や決裁を一切していないと強調

 大阪市の学校法人「森友学園」の小学校建設計画を巡る問題で、大阪府の松井一郎知事は16日、「学園の理事長と2人で会ったとか、森友を優遇せえ、という指示をしていたら、辞めます」と述べ、学園側との不適切な関係が発覚したり、自身のこれまでの説明に虚偽があったりした場合は知事を辞職する考えを示した。府庁で記者団の質問に答えた。

 学園からの小学校認可申請に対し、自身は指示や決裁を一切していないと強調。府私学課の対応については「教育の分野でも新規参入を積極的に進めるという意識は私学課も持っていたと思う」と話し、審査の過程で学園への特別な配慮はないと語った。

この記事は有料記事です。

残り210文字(全文509文字)

あわせて読みたい

注目の特集