パパ・クオータ制

衆院厚労委が導入検討求める

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

育児介護休業法などの付帯決議で

 衆院厚生労働委員会は15日、育児休業の最大2年までの延長や雇用保険料率の引き下げを柱とする育児介護休業法や雇用保険法など関連法の改正法案を賛成多数で可決した。男性の育児休業取得率が低いことを受け、付帯決議で期間の一部を父親に割り当てる「パパ・クオータ制」導入の検討を求…

この記事は有料記事です。

残り200文字(全文350文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集