肥満

幼児期の体格指数上昇 思春期でのリスク19倍

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
BMIの上昇が起こった年齢とBMIの変化
BMIの上昇が起こった年齢とBMIの変化

3歳でチェック 対策が必要

 体脂肪率と相関するBMI(体格指数)が1歳半から3歳の間に上昇している幼児は、上昇していない幼児に比べ、12歳時の肥満のなりやすさが19倍も高いことが市川剛・独協医大小児科助教らの研究でわかった。幼児期の体格の変化が思春期の肥満リスクにつながることが明らかになり、幼児期からの肥満対策の必要性が浮かんだ。

 市川助教らは、栃木県内で1994~2012年に出生時から追跡した子ども約300人のうち、データがそろう215人について1歳半から3歳の間にBMIが0.5以上上昇し、3歳時点で16.8以上ある子どもについて12歳時点での体格との関連を調べた。肥満のなりやすさを示す「オッズ比」を調べたところ、BMIが上昇していた幼児は、上昇していない幼児に比べ、12歳時点で肥満のなりやすさが18.9倍、肥満よりやや…

この記事は有料記事です。

残り500文字(全文866文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集