森友学園

国有地購入 大阪府が財務局との協議記録残さず

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
森友学園が建設中の小学校=大阪府豊中市で、望月亮一撮影
森友学園が建設中の小学校=大阪府豊中市で、望月亮一撮影

府私学課「残すべき事柄ない」と判断 問題検証困難に

 大阪市の学校法人「森友学園」が小学校新設のため国有地を格安で購入した問題で、大阪府が土地の処分を担当した財務省近畿財務局と協議した記録の大半を残していなかったことが15日、府の内部資料から分かった。特に、学校設置認可の申請があった2014年10月から府私立学校審議会(私学審)が条件付きで「認可適当」と答申した15年1月まで、協議が本格化していた時期の記録は一切残っていなかった。

 府私学課は「当時の担当者が『残すべき事柄はない』と判断した」と説明している。保存義務がある記録ではないが、一連の問題の検証を阻むことになっており、府議会から批判も出ている。

この記事は有料記事です。

残り348文字(全文651文字)

あわせて読みたい

注目の特集