メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中塩美悠の青いバラ

少しほろ苦い“卒業”の季節

引退を迎えた武井美由季さん(左)と上野沙耶さん(右)と共に。中央が中塩美悠さん=中塩さん提供

 冬の寒さも少しずつやわらぎ、次第に春の暖かさを感じるようになりました。3月、この時期は少しほろ苦い“卒業”の季節です。

 フィギュアスケートの世界にも同じように選手からの卒業、つまり“引退”があります。多くの選手は大学4年生をもって引退し、社会の荒波へと踏み出す前に長年苦楽を共にしてきた「フィギュアスケート」とお別れします。

この記事は有料記事です。

残り909文字(全文1072文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 偶然に導かれ「再会」切手から身元判明の平塚真澄さんの遺骨、遺族へ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 新たに30代母と2歳女児の軽傷が判明 死傷者は計12人に 池袋暴走事故
  4. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  5. 飯豊まりえ ホラー映画「シライサン」で初単独主演 乙一が長編監督デビュー

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです