メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「二枚目? 確かにラブシーンのある役柄が多かったけどね。でもそんなイメージをも打ち破りたいんだ」=東京都渋谷区で2017年2月27日、根岸基弘撮影

落語もやる二枚目 年齢で壁作らない

 悔しいが、二枚目である。身長184センチ。これで今年54歳。

 おっさん顔の記者に「僕より一回り年下? いやあ、勝手に同年代と思っていた。おっと、失礼」とニヤリ、白い歯などを余裕たっぷりに光らせるのだ。

 その二枚目が昨年12月、何とプロの落語家として国立演芸場の高座に上がってしまった。高座名は「雀々(じゃくじゃく)や剛々(ごうごう)」。

 「おはやしが鳴って、舞台の真ん中に座る。客席がシーンとした、その静寂の中、自分の呼吸で枕話を切り出…

この記事は有料記事です。

残り1597文字(全文1833文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  2. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  3. 松本人志、闇営業の実態解明は“吉本に任せる”(スポニチ)
  4. 深田恭子 「ルパンの娘」“泥棒スーツ”姿披露 瀬戸康史らと決めポーズ サカナクションが主題歌
  5. 「イージス引き受けないのは非国民との批判、県内外から」秋田の佐竹知事が明らかに

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです