メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
震災6年・17年とうほく

大槌の遺族会顧問 東谷さん誓い 歴史と教訓、次世代へ 妻へ「天国から見守って、ネ」 /岩手

犠牲者を慰霊するために建てられた「抜苦地蔵」の除幕式であいさつする東谷藤右エ門さん=大槌町の吉祥寺で

 東日本大震災による死者・行方不明者が1285人に上った大槌町で、悲劇を風化させない--。同町吉里吉里(きりきり)地区にある吉祥寺の檀家(だんか)が結成した遺族会で、保育園理事長の東谷(あずまや)藤右エ門さん(83)は会の顧問を務める。「大切な人を二度と津波で亡くさないように。教訓を次の世代に伝承していきましょう」。そう誓って前を向いた。【松岡大地、井口慎太郎】

 寺は高台にあり無事だったが、檀家179人が犠牲になった。その一人が東谷さんの妻ケイさん(当時74歳…

この記事は有料記事です。

残り725文字(全文957文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  5. クローズアップ 日韓軍事情報協定破棄 対話不発 韓国見切り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです