メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

この人に聞く/山形

市役所食堂の弁当を手がけた 嶋垣萌恵さん /山形

嶋垣萌恵さん

鶴岡の食魅力伝えたい 嶋垣萌恵さん(19)

 鶴岡市役所の地下食堂「鶴岡もっけだのぉ食堂」で、寒ダラやあさつき、在来野菜「藤沢カブ」など旬の素材40種類を彩りよく盛り込んだ「鶴けっちぁーの弁当」(税込み1600円)が好評だ。考案したのは、鶴岡市のイタリア料理店「アル・ケッチァーノ」グループで修業する嶋垣萌恵さん(19)だ。高校時代に岩手県奥州市の弁当コンクールで2年連続最優秀賞に輝いた。弁当の特徴や鶴岡の食の魅力を聞いた。【長南里香】

 --弁当は完成までに2カ月半かかったそうですね。

この記事は有料記事です。

残り1073文字(全文1316文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  4. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  5. 後遺症残る伊丹市職員 友の分も生き 支える側に 尼崎脱線事故14年

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです