メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
チンドンの世界

/14 親方に内緒で若手が交流 新スタイルの魅力探求 /東京

チンドン太鼓を打つ堀田祐子さん=千葉県のJR柏駅前

 千代田区神田神保町の神田古書センター内にある「らくごカフェ」。今月8日夜、浪曲師、港家小そめ(47)の「塩原多助一代記 命の振袖(ふりそで)」を聞きに行った。趣味が高じて浪曲の世界に入門して4年。主に前座を務める若手だが、チンドン界ではベテラン。本名は堀田祐子。「ちんどん月島宣伝社」(中央区月島)の親方である。

 1990年に老舗チンドン屋、二代目瀧廼家(たきのや)五朗八親方(故人)に弟子入りした。青春時代は劇…

この記事は有料記事です。

残り1322文字(全文1529文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. あおり運転も立件方針 暴行や道交法違反容疑視野 映像で悪質性判断 茨城県警

  2. 支え合う「移民時代」 すでに永住資格を持つ人が100万人 「ニッポン複雑紀行」編集長、望月優大さん

  3. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

  4. 相次ぐ「エアドロップ痴漢」 設定変更で被害防止を

  5. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです