メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衆院憲法審査会

緊急事態、各論隔たり 任期延長前向き

 4カ月ぶりに再開した16日の衆院憲法審査会で、自民、民進、公明3会派の代表は、大規模災害を想定した国会議員の任期延長を検討する考えをそろって表明した。自民党は緊急事態条項の創設を糸口に、国会で憲法改正論議が進むことを期待する。しかし、民進、公明両党は論点を慎重に整理する構えで、今のところ「総論賛成」の域を出ていない。合意には時間がかかりそうだ。【飼手勇介、葛西大輔】

 自民党はもともと、緊急事態での国会議員の任期延長なら民進党など他党の合意を得やすいと踏んでいた。思…

この記事は有料記事です。

残り1614文字(全文1849文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 都内で「年金返せ」デモ 報告書・麻生氏受け取り拒否など受け
  2. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  3. ORICON NEWS 堤真一、主演映画の観客の少なさに嘆き 事務所社長から報告「10人だったみたいで…」
  4. 交番襲撃 防犯カメラに映った男の画像を公開
  5. 都内30代男の逮捕状請求へ 強盗殺人未遂容疑などで 現場に土地勘 交番襲撃

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです