メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

災害アーカイブ

播磨灘赤潮 排水流入、養殖ハマチ1400万匹死ぬ

赤潮で死んだ養殖ハマチが海岸を埋めた=徳島県鳴門市の瀬戸内海で1972年8月

 「しょうゆをぶちまけたような海の色。ヌルヌル、ベトベトする波間に死んだ魚が帯状に浮かび白い腹をみせて漂う」

 1972年夏に発生した播磨灘赤潮では、約1400万匹もの養殖ハマチが死んだ。この海域の養殖ハマチの実に78%に当たる。冒頭は、当時の毎日新聞の描写を借りた。

 原因は「シャットネラ」という藻類のプランクトン。毒性が強く、エラに付着して細胞を破壊する。

 高度成長が始まると瀬戸内海は富栄養化が進んだ。各種工場から排水が流れ込み、人口が増大した周辺からし…

この記事は有料記事です。

残り305文字(全文534文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 2019年のGW 10連休が浮き彫りにする労働格差
  2. プリンセス駅伝 ワコールが1位 三井住友海上は途中棄権
  3. アジア大会 時計壊れ、国旗落ち、名前誤り…トラブル続出
  4. トランプ政権 トランスジェンダー排除を検討…米紙報道
  5. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです