人格権侵害訴訟

女性教諭の旧姓使用を認め和解が成立

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 結婚後に職場で旧姓の通称使用を認めないのは人格権侵害だとして、日大三高・三中(東京都町田市)に勤務する女性教諭が運営法人に旧姓使用などを求めた訴訟の控訴審は16日、東京高裁(大段亨裁判長)で学校側が旧姓の通称使用を認める内容で和解が成立した。女性教諭側の弁護団が17日明らかにした。

 教諭の弁護団によると、高裁から和解の打診があり双方が合意した。運営法人は4月1日から、この女性教諭に限らず設置する学校で申し出があった教諭らに、日常の呼び名や通知表…

この記事は有料記事です。

残り338文字(全文563文字)

あわせて読みたい

注目の特集