特集

福島第1原発事故

毎日新聞デジタルの「福島第1原発事故」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

特集一覧

原発避難者訴訟

東電と国に賠償命じる 前橋地裁

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 東京電力福島第1原発事故に伴い、福島県から群馬県に避難した住民ら45世帯137人が東電と国に約15億円の損害賠償を求めた訴訟で、前橋地裁(原道子裁判長)は17日、東電と国に3855万円の支払いを命じる判決を言い渡した。原発事故全国弁護団連絡会によると、同様の集団訴訟は全国20地裁・支部で約1万2000人が起こしており、今回が初めての判決。

 原告は避難指示区域からの避難者が6割、自主避難者が4割。いずれも国の審査会が示した「中間指針」に基づいて東電から一定額の慰謝料を受け取っているが、「古里を奪われた被害の実態に見合っていない」として、1人一律1100万円を求めて2013年9月から順次提訴した。

この記事は有料記事です。

残り460文字(全文761文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集