メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自動車保険

ビッグデータ活用 運転技術で料金差

テレマティクスのイメージ

 あいおいニッセイ同和損害保険は、自動車保険の契約者から集めた走行距離や運転実績の大量のデータ(ビッグデータ)を活用した保険サービスの開発に乗り出す。4月に滋賀大学と共同で、国内保険業界初となるビッグデータ専門の研究拠点を開設する。2017年度後半には、運転特性を評価して保険料を割り引く「テレマティクス保険」を、大手損保では初めて個人向けに発売する方針。他社の戦略にも影響を与えそうだ。【中島和哉】

 同社が滋賀大内に開設する産学連携のビッグデータ専門研究拠点は「日本セーフティソサイエティ研究センター」。大学・企業双方の研究者による研究チームを編成し、あいおいニッセイ同和が保有する運転情報などを共同で分析し、新サービス開発などにつなげる。近年はAI(人工知能)の進化によって、ビッグデータを分析し新商品や技術開発に生かすビジネスが広がっており、そうしたビジネスに不可欠な「データサイエンティスト」…

この記事は有料記事です。

残り649文字(全文1049文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石川県知事、外出自粛の東京都民に観光アピール 地元は困惑

  2. NHK、大河と朝ドラの収録を一時休止 撮影現場で安全対策限界

  3. 特集ワイド 政府・与野党連絡協議会の次は 国難コロナで大連立機運? 対応専念で一時休戦/森友など覆い隠される

  4. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  5. 例外いろいろ「屋内禁煙」 罰則も効き目は未知数 改正健康増進法全面施行

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです