メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

茨城

干し芋のグラノーラ 女子高生が2年かけ開発

販売される「ほしいもグラノーラ」。リンゴ味の「apple」(左)とみそ味の「miso」=ひたちなか市のホテルクリスタルパレスで

 私立大成女子高(水戸市五軒町)の生徒たちが、茨城県の特産品、干し芋を使ったシリアル食品「ほしいもグラノーラ」を開発した。2年がかりで味やパッケージにこだわった自信作だ。中心メンバーの中山紗希さん(2年)は「県内外の人に、もっと茨城の魅力を知ってもらいたい」と話す。【川崎健】

 開発したのは部活動の一つ、探究部地域デザイン班のメンバー。地域が発展するようなアイデアを形にするため2015年4月に創部し、25人が所属した。県外で高校生との商品開発に実績のある団体の協力を得た。

 茨城らしい食べ物として干し芋に着目した。全国の生産量の9割を占めるのに、県外ではあまり知られていない。同級生や友人に聞くと「ベタベタしている」「地味」とイメージは良くなかった。逆に、イメージを一新するチャンスでもあった。

この記事は有料記事です。

残り462文字(全文810文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  2. 網戸のひもで6歳死亡、YKK APを提訴 「欠陥」首に絡まり 大阪地裁

  3. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  4. 西村担当相の正月休み延長要請が自民に波紋 「解散戦略に影響」

  5. 特集ワイド コロナ禍登場、西村氏とは 目立ちたがり屋 官僚出身、言動は軽率? 総裁選意欲 「お友達」で抜てき?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです