メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

茨城

干し芋のグラノーラ 女子高生が2年かけ開発

販売される「ほしいもグラノーラ」。リンゴ味の「apple」(左)とみそ味の「miso」=ひたちなか市のホテルクリスタルパレスで

 私立大成女子高(水戸市五軒町)の生徒たちが、茨城県の特産品、干し芋を使ったシリアル食品「ほしいもグラノーラ」を開発した。2年がかりで味やパッケージにこだわった自信作だ。中心メンバーの中山紗希さん(2年)は「県内外の人に、もっと茨城の魅力を知ってもらいたい」と話す。【川崎健】

 開発したのは部活動の一つ、探究部地域デザイン班のメンバー。地域が発展するようなアイデアを形にするため2015年4月に創部し、25人が所属した。県外で高校生との商品開発に実績のある団体の協力を得た。

 茨城らしい食べ物として干し芋に着目した。全国の生産量の9割を占めるのに、県外ではあまり知られていな…

この記事は有料記事です。

残り523文字(全文810文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 写真にしか見えない“鉛筆画” 作者が語る魅力「複製できない、消しゴムで消せる儚さ」
  2. 札幌の爆発、不動産店で「消臭スプレー100缶ガス抜き」 現場検証始まる
  3. 許さない 性暴力の現場で/4 兄からの虐待 逃げ得…納得できない /群馬
  4. 札幌爆発 周辺住民、不安の夜 150メートル先ガラスも割れ
  5. 電気製品 つなげすぎると火災の危険

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです