メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

茨城

干し芋のグラノーラ 女子高生が2年かけ開発

販売される「ほしいもグラノーラ」。リンゴ味の「apple」(左)とみそ味の「miso」=ひたちなか市のホテルクリスタルパレスで

 私立大成女子高(水戸市五軒町)の生徒たちが、茨城県の特産品、干し芋を使ったシリアル食品「ほしいもグラノーラ」を開発した。2年がかりで味やパッケージにこだわった自信作だ。中心メンバーの中山紗希さん(2年)は「県内外の人に、もっと茨城の魅力を知ってもらいたい」と話す。【川崎健】

 開発したのは部活動の一つ、探究部地域デザイン班のメンバー。地域が発展するようなアイデアを形にするため2015年4月に創部し、25人が所属した。県外で高校生との商品開発に実績のある団体の協力を得た。

 茨城らしい食べ物として干し芋に着目した。全国の生産量の9割を占めるのに、県外ではあまり知られていな…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 出所不明の香港の「シラスウナギ」 日本に6トン
  2. ORICON NEWS タモリ、平成最後のフジ生特番で総合司会 新元号の瞬間も立ち会う
  3. 「強そうで憧れる」 球児のユニホームは「細身」志向 流行から必須条件に
  4. 年金事務所長、ツイッターでヘイト発言し更迭
  5. 米子東の選手がベンチ入りせず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです