メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

茨城

干し芋のグラノーラ 女子高生が2年かけ開発

販売される「ほしいもグラノーラ」。リンゴ味の「apple」(左)とみそ味の「miso」=ひたちなか市のホテルクリスタルパレスで

 私立大成女子高(水戸市五軒町)の生徒たちが、茨城県の特産品、干し芋を使ったシリアル食品「ほしいもグラノーラ」を開発した。2年がかりで味やパッケージにこだわった自信作だ。中心メンバーの中山紗希さん(2年)は「県内外の人に、もっと茨城の魅力を知ってもらいたい」と話す。【川崎健】

 開発したのは部活動の一つ、探究部地域デザイン班のメンバー。地域が発展するようなアイデアを形にするため2015年4月に創部し、25人が所属した。県外で高校生との商品開発に実績のある団体の協力を得た。

 茨城らしい食べ物として干し芋に着目した。全国の生産量の9割を占めるのに、県外ではあまり知られていな…

この記事は有料記事です。

残り523文字(全文810文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 眞子さま28歳に 代替わりで公務増加

  2. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  3. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  4. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  5. タイ王室「国や王室に対する破壊行為」と非難 「高貴な配偶者」の称号剥奪

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです