メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

15歳のニュース

完成「いのちの教科書」 つらい経験こそ伝えたい 宮城・女川中同窓生が編集

 2万1000人以上が犠牲(ぎせい)になった東日本大震災(だいしんさい)は11日で発生から6年を迎(むか)えた。宮城県女川(おながわ)町立女川中学校を卒業した高校3年生たちは、編集を進めていた「女川いのちの教科書~1000年後の命を守るために」を完成させた。「私(わたし)たち一人一人(ひとりひとり)の体験を次の災害で生かしてほしい」との思いが込(こ)められている。

この記事は有料記事です。

残り955文字(全文1138文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」アニメ制作会社と社長を告発 1.4億円脱税容疑 キャラ店舗帳簿改ざん

  2. 巨人の坂本、大城がコロナ感染 練習試合中止 NPB「19日開幕に影響ない」

  3. 「新型コロナの検査させて」 小学生らを誘拐未遂、容疑で23歳逮捕 兵庫県警

  4. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  5. 北九州市で新たに5人 12日連続の感染確認 累計124人 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです