メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドキュメンタリー映画

「基地があれば戦場に」訴え 沖縄の現状描く 「標的の島 風(かじ)かたか」25日公開

三上智恵監督=福永方人撮影

 沖縄の反基地運動を追ったドキュメンタリー映画を撮り続ける三上智恵監督(52)の新作「標的の島 風(かじ)かたか」が25日から公開される。米軍のヘリコプター離着陸帯(ヘリパッド)建設への抗議行動が続く東村高江地区のほか、自衛隊配備が計画されている宮古島、石垣島など離島の現状も描いた。「基地があれば有事の時は標的にされ、戦場になってしまう」。三上さんは72年前の沖縄戦の教訓が生かされていないと訴える。

 映画は昨年6月に那覇市で開かれた、米軍属による女性暴行殺害事件の被害者を追悼する県民大会から始まる…

この記事は有料記事です。

残り495文字(全文746文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  2. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  3. 「撤回まったく考えてない」 韓国と協議せず 経産相 輸出規制強化で
  4. 1人の女性に狙いか 福岡・粕屋死体遺棄事件容疑者 勤務先「まさか」
  5. 日韓 自分の物差しで相手をはかるな 「嫌韓」は危険

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです