メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドキュメンタリー映画

三つの「風かたか」沖縄に迫る 全国公開へ

 沖縄の反基地運動を追ったドキュメンタリー映画を撮り続ける三上智恵監督(52)の新作「標的の島 風(かじ)かたか」が25日から公開される。米軍のヘリコプター離着陸帯(ヘリパッド)建設への抗議行動が続く東村高江地区のほか、自衛隊配備が計画されている宮古島、石垣島など離島の現状も描いた。「基地があれば有事の時は標的にされ、戦場になってしまう」。三上さんは72年前の沖縄戦の教訓が生かされていないと訴える。

 映画は昨年6月に那覇市で開かれた、米軍属による女性暴行殺害事件の被害者を追悼する県民大会から始まる。稲嶺進・名護市長はスピーチで「今回もまた、一つの命を救う風かたかになれなかった」と肩を落とした。

この記事は有料記事です。

残り472文字(全文772文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  2. 最速154キロでも公式戦出られず 異例の「準硬式」投手にスカウト注目

  3. 「僕が駅を利用しない方がもうかるのか」 疎外感訴える障害者 無人駅巡りJR九州提訴へ

  4. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

  5. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです